うちの学資保険を決めるまで@〜学資保険の基礎知識をつけて、資料を請求〜

★今、超人気のベビーカー(A型、バギー、三輪、B型)、抱っこひも、ベビーシート、ベビー布団、おくるみは何??気になる答えこちらです!☆
学資保険で学費を貯めよう!


「うちの息子は大学に行くかなぁ」「どこかなぁ」「大きくなったら何になりたいっていうかなぁ」と夢が広がります。

初めての出産に向け、「将来の学費を貯めておくために、学資保険を利用するとよい」というざっくりとした情報を、育児雑誌で読みました。

確かに、私立理系の大学では、年間150万程度の授業料がかかります。4年で計600万ですよ!自宅から遠い大学に行ったり、留学をしたりという可能性もあるでしょう。

そこで、「貯蓄目的で学資保険を使おう」と情報収集を開始しました。簡単な情報はまずはWebから。

保険は、月々の費用は、5,000円とか10,000円とかなので、つい薦められたものに入ってしまったりしがちですが、月額10,000円の保険とは、例えば10,000円×12か月×18年で、なんと2,160,000円の商品を買うのと同じことなんです。

そこで、今回はじっくり比較検討して、納得いく保険に入ろうと、決意!まずは情報収集から始めました。


学資保険ってなに?何をどう比べて決めたらよい?

6427260.jpg

さて、そしてWebでざっくりと分かりやすい全体的な知識をつけてみましょう。

学資保険とは?

子供の教育費などに掛かるお金を補助することを目的とし、契約した保険料をきちんと支払うことによって、教育資金が必要になると予め設定した時期に給付金としてまとまったお金を受け取ることができる保険 引用 - 加入者が語る学資保険のメリットデメリット


学資保険のメリットは?

学資保険に加入すれば、子供が小さいうちから毎月決まった保険料を支払うことで必要な時にまとめて利息付きで給付金を受け取れます

他に、
・つい貯金できずにお金を使ってしまう人でも、保険で縛りがあるので、貯めやすい
・貯蓄性が高く返戻率の高い商品を選べば、貯金に比べて利子が多くつくのでお得
医療保障が優れたタイプもある(契約者や被保険者に万が一のことがあったときに給付金がおりるなど)
保険の控除が受けられるので、税金が帰ってくることがある


学資保険のデメリットは?

・保険会社が倒産する可能性がある(収めたお金が全部戻ってくるか心配)
・緊急で貯めたお金を使いたいと思っても、途中解約をすると損
・紙幣価値自体が変わってしまうと、将来同じお金の価値より減ってしまう(おそらく。。)


児童手当だけでいくら貯まる?

全額貯めておけば、198万円(第1子)!これを全額貯金する予定(あくまで予定。。)です。

2月・6月・10月に振込み
-0歳〜3歳未満:15,000円
-3歳〜小学校終了前:10,000円(第1子・2子)
-小学〜中学校終了前 :10,000円


あといくら貯める?すると、月々の学資保険の支払いはいくら?

私立理系大学の学費4年分をざっくりと600万円と仮定すると、児童手当で約200万円を現金で貯蓄。残りの400万円を学資保険で貯めておこうと仮定してみます。


学資保険に入る時期は?

以下の理由で早めに入ったほうがいいです。絶対!

-早めに入った方が、まとまったお金が必要な時期、例えば18歳大学入学時までにたまる金額が多くなる
-教育費のかからない時期から入っておいた方が家計が楽


学資保険の比較ポイントは?
莉ョ隱ャ讀懆ィシ縺ョ縺ェ縺БB繝・せ繝・png.png

貯蓄重視?保障重視?
いろいろと読んでいくと、貯蓄目的の学資保険と、保証が充実した学資保険があります。保険重視の保険は、子ども保険という名前になっているものもあります。


返戻率
いくら払っていくらもらえるかの割合です。返戻率が高いほど、貯蓄性を考えるとお得です。保障充実タイプでは、医療保険などの役割も兼ねるため、返戻率元本割れの商品も多くありますが、その分保障が増えるので、安心です。


信頼できる保険会社かどうか
外資系や新興企業の保険会社が増えています。いわゆる日系の老舗保険会社だけをよしとするか、そうでないかは、人によって考え方が異なります


支払時期と受取時期
「中学で学費がかかるようになるので、それまでに完済したい」「大学に入る18歳に受け取りたい」などといった希望に合わせ、保険を選びます。この時期によっても、返戻率が変更することが多いです。


その他のお得ポイント
全額返金までにちょこっと先にお金が受取れたり、と、保険商品によってお得なポイントがあります


学資保険を扱っている主な保険会社は?

サイトを見ていると、ソニー生命やフコク生命が返戻率が高い!太陽生命のように、返戻率が100%というものもあります。日系の企業の保険では、東京海上日動や損保ジャパン日本興亜ひまわり生命でも扱いがありますね。

ということで、資料を取り寄せて読んでみることにしようと思います。

なんせ、200万円を超える買い物ですから!実際には、営業マンなどの方にも話を聞いてみようと思っています。それでも、自分自身で知識がある程度あって話を聞くのとそうでないのとでは全然違う(自分なりに話を聞いて判断ができるから)と思っています。

資料請求はこちらからです。

有名な価格比較サイトであるカカクコムで、保険の資料請求ができました。
スクリーンショット 2015-03-18 12.11.32.png

ソニー保険の資料は、同じサイトの同じページから、PDFでプリントできました。

資料は郵送できましたよ。数日後かな。

キティちゃんのハンカチタオルとクリアファイル付き!(フコク生命がキティちゃんを使っています)

それでは、じっくり読み込んでみます!



















タグ:学資保険
他のマタニティ&ママブログ ランキング上位のブログを確認する↓↓↓

にほんブログ村

にほんブログ村

妊娠・出産 ブログランキングへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
他のマタニティ&ママブログ ランキング上位のブログを確認する↓↓↓

にほんブログ村

にほんブログ村

妊娠・出産 ブログランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。